キャバクラに勤め始めると金銭感覚が変わる

キャバクラはとても特殊な世界にも思えるのですが、実際に働いている人はOLや学生なども多く、どうしても収入を増やしたいからやっているという人がどちらかと言えば多かったと思います。私も最初のうちは引っ越しをして一人暮らしを始めて、費用が足りないといった事が原因でアルバイトを始めたのです。

 

同じように昼間の仕事と夜の仕事を持っている人も多かったので、そういう人は早めに勤務を切り上げて帰宅する人も多いです。他には最後まで勤務している人もいましたが、別にプロらしいとかそういう訳ではなく、家が近いからラストまで勤務しているという人も多かったです。

 

この業界に居ると金銭感覚がずれてしまう事もよくあります。例えば、今まで購入できなかった物も頻繁に購入できてしまうので、貯金をする事を忘れますし気が大きくなってしまうのです。やはりお金はいつ無くなるかわかりませんし、大切にしなければなりません。

 

それだけではなく、キャバクラのキャストの中には男性やホストに貢いでいる人も多かったです。むしろ貢がれる方だと思われるかもしれませんが、意外とキャバクラに勤めるとお金が出ていくものなのです。