キャバクラ行かず嫌いの男たち

かつての私のように、キャバクラみたいにお金を払って女性に良い思いをさせてもらう場所なんて行きたくないという人は結構多いのではないでしょうか。

 

若い世代ほどそういう人が多いと思います。お金を払って女性からのサービスを買うのが嫌だと言いますが、そういう人に限って、ただ単に女性が苦手で楽しく話す自信がないから逃げ言葉としてなんとなく定型句としてそのようなことを言ってお誘いから逃れているというのは多いのではないでしょうか?

 

実際にそういう人は多いと聞きます。
実はわたしもそうでした。

 

何度も断ってもしつこく誘ってくる上司に連れられてキャバクラに行くまではそうだったんです。ですが、一度行ってみてあらゆることが大きく覆されました。居心地悪そうにしている私を嬢が気遣ってくれて場を楽しませてくれるし、上司のおごりだから懐は痛まないしで良いことずくめでしたね。そこからキャバクラに通うようになりました。とはいってもそこまではまっているというわけではありませんが、お誘いにはさらっと乗れるくらいになりましたね。

 

先に書いたようにキャバクラに対して固定したイメージしか持っていないという人は、ぜひ一度行ってみると良いですよ。絶対にイメージ変わりますからね。