憧れの職業、キャバクラ

既に廃刊になってしまいましたが「小悪魔ageha」という雑誌がありましたよね。
初めてこれを手に取ったのは高校を卒業して間もない頃でした。キャバクラという職業になんとなく憧れを持っていました。

 

しかし私はクソがつくほどの真面目な人間なので働こうとは思わず今に至っています。
雑誌を手に取ったのには理由があります。大学受験に失敗して進学・就職が決まらないまま卒業をしてしまいました。ま
た一人取り残されてしまったと思い悩み、そのストレスから3ヶ月で10kgも太ってしまいました。
周りからの心無い言葉や将来に対して不安な気持ちでいました。そんな時は書店で見つけた「小悪魔ageha」は私に元気を与えてくれました。
「いつかゼッタイにこの雑誌に載っているキャバ嬢の人たちみたいに、キラキラしたオーラを出して外を歩きたい!」そんな風に思い自分を磨きました。

 

それからは定期的に雑誌を買ってメイクの研究をしました。また自分とは異なる世界の人たちなので知らない事ばかりが載っていて、とても新鮮でした。おかげで学生時代の自分とは別人と言われるほどに美人に成長することができました。キャバクラは美意識の高い女性ならば一度は興味を持つ職業だと思います。

 

キャバ嬢1